アトピーの原因と対策

アトピー性皮膚炎とは皮膚にかゆみ、湿疹、かぶれなど発生してしまい特に乳幼児に多い傾向がありましたが、最近は大人もアトピー性皮膚炎になってしまう人 が急増しています。皮膚の炎症なので食生活が原因だと思われますが、実はハウスダスト、ダニ、カビが原因なのです。特に部屋の中のホコリがたくさんあると アトピーになってしまう可能性が高いです。アトピーを対策するには生活環境をしっかり整えなければいけません。

原因はハウスダスト、ダニ、カビの他に花粉、ペットなどアレルギーの原因となりやすいものも考えられます。人によって何のアレルギー反応があるのか異なっ てくるので、自分は何のアレルギーなのかしっかり把握しておく事が大切です。それでアレルギー反応があるものをなるべく遠ざけるようにします。
アトピー完治の階段
アトピー治療には薬が欠かせませんが、薬も正しい使用方法で塗る必要があります。特にかゆみを抑えて炎症を抑える薬は肌への刺激が強いので長期間塗っているとシミの原因にもなります。そのため短期集中で治療する事が大切になってきます。

体の洗い過ぎにも気を付けましょう。体を洗い過ぎてしまうと皮膚に必要な皮脂まで落としてしまうので肌がカサカサになってしまいます。そのためかゆみが発生する可能性があるのでゴシゴシ洗わず優しく洗うようにしましょう。

30代になってからの発症も多い大人アトピー!自宅で簡単にできる予防法とは?!

アトピーと言えば、よく子供が発症するイメージが強いですが、大人でも突如30代になってから大幅に変わる生活の変化やストレスなどでなりやすいです。
アトピーのベストな改善策としては、規則正しい食生活と睡眠は勿論、ストレス解消できる趣味やスポーツを見つける事もそうですが、肌のスキンケアにも一工夫を加えるのがお勧めです。
特に普段から乾燥肌や敏感肌の人は、アトピーを引き起こすアレルゲンなどの外的刺激にも日頃から気を遣わないといけません。
アレルゲンは、家に在宅しててもハウスダストなどの身近なものに含まれてますし、通気性の悪い繊維質の衣類にも付着しやすいです。
もし大人アトピーに心当たりがある場合は、普段着用する衣服の素材を綿や麻などに変えたり、ベッドの枕や布団シーツは毎日取り換える心掛けをする事も予防に繋がります。
又、顔のスキンケアに関してですが、30代になると肌の老化が次第に始まり、空気の乾燥から守るバリア機能が剥がれやすくなるので、水分保持する効果が高いセラミド配合の基礎化粧品を是非購入して肌の保湿力を強化するようにしましょう。
それでも大人アトピーの症状が治まらない時は、カウンセリング制度がある美容皮膚科を受診し、肌美容のプロから食生活の改善アドバイスを貰ったり、ステロイド剤などの処方も視野に入れるようにするのがお勧めです。

アトピー治療にも水素水

アトピーは、もともと人が持つ免疫機能がアレルゲンに過剰に反応し、痒みや赤みなどの
炎症を起こしてしまいます。
また、皮膚に痒みなどの炎症が起こると、体内には大量の活性酸素が発生してしまいます。
この
活性酸素は、菌やウィルスを撃退してくれる働きもありますが、大量に発生することで、撃退しな
くてもよい、細胞などを攻撃し酸化させます。
アトピーの人は、この活性酸素の発生が多く、それがアトピーの原因や悪化する原因となります。

アトピー治療といえば強いステロイド剤などを用いての治療が一般的ですが、ステロイドの長期使用
や大量摂取は、副作用が心配です。

そこで、注目されているのが水素水によるアトピーの改善療法です。
水素水は、体内に発生した活性酸素を除去する働きがあります。

この水素水は体内に入ると、活性酸素を吸着し体外へと出ていきますので、特に副作用などはありま
せん。
この
水素水は、水素水サーバーなどで直接飲んで摂取することもできれば、カプセルに配合されたサプリ
などもあります。
しかしながら、アトピーの人が水素水の効果を得るためには、添加物などが入っていない水素や、濃度
の高いしっかりとした水素を摂取する必要があります。
今話題になっている水素水ですから、多くのカプセルなども売られています。
しっかりとした質の良い水素水を取り入れる必要があります。

アトピー性皮膚炎て遺伝するの?

私(現在48才) が幼少期の頃 まだアトピー性皮膚炎という病名はなく
小児湿疹と言われていました
市内にある 皮膚科を受診し 塗り薬 赤外線治療を続けましたが 痒みが酷く 改善が見られませんでした
私の場合は 手の甲 ひざの後ろ ひじの内側が特に酷く
小学校4年生の時に イボガエルと酷い言葉をあびせられました
両親も あまりに酷いので 色々な治療法を聞き
祖父に草津温泉に湯治につれていってもらったりしました

市内の皮膚科から 大学病院を紹介され 東京三鷹市にある大学病院まで 母がつれていってくれました
検査  採血から始まり 家で大きなビンのような容器に 蓄尿をしたり
手の甲の目立たない所の皮膚の組織をとったり 色々としました
何か月通っても 何年通っても 症状は治まることなく続きました
それが 12才の時 生理がきたとたんに ピタリととまったのです
生理がきたことで 体質が変わったのでしょうか 徐々にですが 快方にむかい
今でも たまに湿疹はでますが あの時のような 酷い症状はでなくなりました
ただ 手の甲は 酷かった上 掻き壊したりしてしまったせいで 未だ痕が残っています

そして 24才で結婚し 29才の時に子供を授かりました
産まれてきた時は ちょっと気になる茶色のしみが無数にあったことぐらいで
アトピー性皮膚炎のことなど すっかりと忘れていました
が 徐々に 顔や首に 湿疹ができはじめ お産をした 大学病院の 小児科にかかりました
アトピー性皮膚炎とは まだ月齢が小さすぎ 判断できないと言われ 処方された 保湿剤を
塗っていました
1才の時の写真をみると 顔は赤く 腫れ上がった姿が残っています
1才を過ぎて アトピー性皮膚炎と診断されました
同じ大学病院の中の 皮膚科を受診 治療が始まりました
治療方法は 塗り薬と飲み薬
顔と 躰はそれぞれ別の塗り薬を処方され お風呂上がりに塗っていました
毎年 花粉の季節になると 皮膚か 鼻に症状がでました
でも 酷くなるのは 片方だけで あぁ今年は皮膚だね
今年は 鼻にきちゃったねといいながら 過ごしていました
一番可哀想だと思ったのは
彼は アトピーが顔にでていたことです
毎日 痒くて 何処かしら掻き壊し 洋服に血を付けて帰ってきていました
そんな ある日 週刊誌を見ていたら アトピー性皮膚炎専門に治療してくださる先生の記事がありました
私は 思い切ってかかりつけ医に話をし 紹介状を書いていただきました
埼玉から 神奈川まで そんなに遠くないとおもいながら 片道2時間かけて 神奈川の病院に通いました

まず 最初にしたことは 保湿です
先生の所に置いてある 肌の水分量をはかる機械で 息子の肌を見ると なんと一桁の数字
通常は30から40程あるそうです
大きな薬の容器を3つも4つも処方され そして綿の下着にカッパを用意するように言われ
家で1週間 治療スタートしました まず 全身に保湿剤をたっぷりと塗り込み 綿の下着を濡らしてきます
そのうえにカッパをきて2時間 毎日1回繰り返しました
すると いつもカサカサでしろくなっていた皮膚に 明らかに変化があったのです
まず 年中何処かしら掻きむしっていた手が動かなくなりました
ただ 水分を与える分だけ 顔に ニキビのようなものが出てきました
これは 最初に先生から説明を受けていたので これは水分が充分に足りてきているのだとおもいました

そして2週間後 再診にいき 明らかに変化の出た 息子を先生が見て
ますは 保湿 乾燥肌が アトピー性皮膚炎を引っ張ってきていることを教えていただきました
カッパの治療は 本人もつらかったようですが 痒くなくなる嬉しさのほうが優っていたようです

全身保湿治療は そこで終了し 次は ステロイド薬と保湿剤をうまく使っての治療が始まりました
最初に 診察を受けに行ったときは 中学生で まだ 親に裸で薬を塗り込んで貰うことに抵抗はなかったようですが
年齢を重ねるごとに 徐々に恥ずかしさが表れて 自分の事だからと一人で薬を塗った時期もありました
が やっぱり 一人では 塗れる部分も限られ 何より
分量が足りず 再び発疹が出て来てしまう...ということを何度か繰り返しました
現在は 頭の中に 湿疹が出来てしまい 痒くて掻くと ふけが出てしまう だから床屋で短くしてくる
の繰り返しをしています
今 彼は 大学1年生になり一人暮らしをしています
神奈川の先生に 埼玉でもよく見てくれると 紹介状をかいてくださり
埼玉の大学病院に3カ月に1度の割合で受診しています
たまに 家にかえってくると まず 私は背中を見ます
一番手の届かないところですから判断しやすいのです
今は完治ではありませんが大変落ち着いている状態です
このまま 良い方向にいってくれればと 願うばかり まだ安心は出来ませんが
1に保湿2に保湿 が彼にとっての一番の治療法です