アトピーの原因と対策

アトピー性皮膚炎とは皮膚にかゆみ、湿疹、かぶれなど発生してしまい特に乳幼児に多い傾向がありましたが、最近は大人もアトピー性皮膚炎になってしまう人 が急増しています。皮膚の炎症なので食生活が原因だと思われますが、実はハウスダスト、ダニ、カビが原因なのです。特に部屋の中のホコリがたくさんあると アトピーになってしまう可能性が高いです。アトピーを対策するには生活環境をしっかり整えなければいけません。

原因はハウスダスト、ダニ、カビの他に花粉、ペットなどアレルギーの原因となりやすいものも考えられます。人によって何のアレルギー反応があるのか異なっ てくるので、自分は何のアレルギーなのかしっかり把握しておく事が大切です。それでアレルギー反応があるものをなるべく遠ざけるようにします。
アトピー完治の階段
アトピー治療には薬が欠かせませんが、薬も正しい使用方法で塗る必要があります。特にかゆみを抑えて炎症を抑える薬は肌への刺激が強いので長期間塗っているとシミの原因にもなります。そのため短期集中で治療する事が大切になってきます。

体の洗い過ぎにも気を付けましょう。体を洗い過ぎてしまうと皮膚に必要な皮脂まで落としてしまうので肌がカサカサになってしまいます。そのためかゆみが発生する可能性があるのでゴシゴシ洗わず優しく洗うようにしましょう。

頭皮のアトピーで苦労しています。

小さい頃からアトピーに悩まされ続けてきましたが、大人になるにつれて痒みは落ち着いてきていました。だけど、しつこく痒みが残ってしまう箇所が少なからずあります。わたしの場合、特にひどいのが頭皮でした。
頭皮にアトピーが出たのは、小学生の頃です。かきむしって瘡蓋ができ、その瘡蓋をはがして血が出てくるという悪循環をずっと続けてきました。大学に入って からは少し落ち着いていましたが、働き始めてからぶり返してきたんです。ストレスが原因かと思います。常に頭皮がむず痒くて、爪を立てて掻いてしまい、グ ジュグジュの傷になってしまったんです。瘡蓋が出来る前に再び掻いてしまうので、治る間がありません。シャンプーして傷にしみると、それがまた痒みに繋が ります。また、お風呂で温まることで血行が良くなり、痒みが増していました。タオルで髪を拭いていると血が滲んでいて、泣きたくなることもありました。
シャンプーで頭皮をキレイにしているのに、逆に痒みが増すなんて、どうしたら良いのか分かりません。スカルプケアができるシャンプーを使ったりしましたが、成分が強いのか頭皮が更に荒れてしまい、使うのを断念しました。
結局、お風呂上がりに冷やした化粧水を頭皮にスプレーして痒みを抑えていましたが、頭皮の痒みはなかなか引かないです。

年齢によるアトピーの変化

どうやら私は乳児の頃からアトピー体質だったと思われます。
親に聞いた話では、乳児の頃から頭に湿疹ができ、夜中もむずがるので、両親が交代で夜中抱いていたという事です。
同時に気管支喘息があり、保育園の頃から大発作に見舞われていました。
保育園、小学校と喘息が中心で、今から思うとアトピーは影を潜めていました。
そして、抵抗力がついたのか中学時代は喘息も下火になり、一番健康状態の良い時代でした。
これが高校に入ってから、環境が変わったせいで、再び喘息が出るようになりました。
そして喘息の出ない時期にはアトピーが出るようになったのです。
その頃は主に、膝の裏、肘の内側など、汗が溜まりやすいところに集中的に出ました。
夜になると掻きむしるので、包帯を巻いて寝ていた時期もあります。
病院では喘息の薬とアトピーの薬が何種類も出て、その割には効果が少なく本当に「その場しのぎ」と言う感じでした。
高校卒業後に就職した会社は環境が悪く、アトピーが悪化しました。
どうやら皮膚疾患は精神的な影響を大きく受けるものだとこの時思いました。
次の会社と結婚してからはアトピーもおちついて、きれいな肌の時代でした。
そして、50を過ぎて女性を卒業し、更年期と言われるこの頃になってアトピーが再燃してきたのです。
それも、今まで出たことのなかった手の甲やふくらはぎに出るようになったのです。
入浴や夜に布団に入ってからが特に痒く、掻きむしってしまいます。
皮膚科に行ってもやはりその時だけいいだけです。
静脈注射は一週間ほど痒みを押さえてくれますが、飲み薬は期待したほど効果がみられません。
痒くないうちに塗り薬で一時的に肌はきれいになりますが、その状態を保つのが難しいと思いながら
現在に至ります。
これはホルモンの影響か、高齢になって抵抗力が落ちたのかわかりません。
でも、元のアレルギー反応は「免疫の暴走」と言われます。
抵抗力が免疫力だったら、アレルギーは収まるのでは・・とも思うのですが
アレルギーの仕組みはそう簡単ではないのでしょうね。
この先、もっと年を重ねた時どうなるか、興味を持って過ごしていこうと思っています。

しっかり保湿を行うこと

生まれつきアトピーです子供の頃は自分の皮膚のケアの仕方がわからず我慢できず掻き毟ったりして大いに悩みました大人になってから症状は徐々に改善しましたが一番有効なのはなんといっても保湿をしっかり行うことですアトピー持ちの人は肌が敏感で外的刺激から皮膚を守るバリアが生まれつき弱いという特徴があります

それによって温度の変化やハウスダストなどささいな要因でも刺激になり過剰反応が起きてしまいますなので保湿クリームをたっぷり塗ってこのバリアを補ってあげることが一番聞きましたお風呂上りに水分が蒸発しないうちに保湿起きたらまた保湿と1日2回の保湿で症状は大分回復しましたまた私はお風呂に入るときも石鹸は最低限しか使いません

洗剤はただでさえすくない貴重な皮脂(皮膚のバリアとなる)洗い流してしまうためです洗うときもこすり洗いは厳禁で優しくなでるように洗いますあとは皮膚の再生を促進させるビタミンとくにビオチンのサプリを摂りますストレスも痒みの原因になるのでなるべくストレスをためないことまた睡眠をしっかりとって疲れが蓄積しないように心がけていますアトピーはひどいときは精神的にもつらいですがちょっとした心がけで改善することができますよ